現代ヨーロッパ社会論 : 統合のなかの変容と葛藤

宮島喬 編

多文化・多民族ヨーロッパの試練。民主主義の模索、不況と失業問題、悪化する財政、外国人労働者の増大、地域化・分権化の流れ…国ごとの違いと対立をかかえながら進行するヨーロッパ統合の現状分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヨーロッパ統合における国家と社会
  • 「善意の専制主義」を超えて
  • ヨーロッパにおける歴史像の共有?
  • 文化の共存と文化の序列化
  • 統合原理を模索するフランス
  • 連邦制下の民族対立
  • スペイン・カタルーニャにおける人口流入と社会変容
  • ポスト・フランコにおけるバスク語の社会的位相
  • コルシカの紛争に見る「民族」
  • 島の文化的自立
  • 北アイルランド紛争の基底
  • ドイツ型産業社会とエスニック・マイノリティ
  • 90年代フランスにおける「もうひとつの移民問題」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代ヨーロッパ社会論 : 統合のなかの変容と葛藤
著作者等 三竹 直哉
中野 裕二
久保山 亮
八谷 まち子
分田 順子
原 聖
定松 文
宮島 喬
稲葉 奈々子
竹中 克行
若林 広
萩尾 生
近藤 孝弘
書名ヨミ ゲンダイ ヨーロッパ シャカイ ロン : トウゴウ ノ ナカ ノ ヘンヨウ ト カットウ
書名別名 Gendai yoroppa shakai ron
出版元 人文書院
刊行年月 1998.2
ページ数 309p
大きさ 20cm
ISBN 4409230271
NCID BA34619099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98085367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想