パイドン

プラトン 著 ; 岩田靖夫 訳

人間のうちにあってわれわれを支配し、イデアを把握する力を持つ魂は、永遠不滅のイデアの世界と同族のものである。死は魂の消滅ではなく、人間のうちにある神的な霊魂の肉体の牢獄からの解放である-ソクラテスの最期のときという設定で行われた「魂の不死」についての対話。『国家』へと続くプラトン中期の代表作。

「BOOKデータベース」より

人間のうちにあってわれわれを支配し、イデアを把握する力を持つ魂は、永遠不滅のイデアの世界と同族のものである。死は魂の消滅ではなく、人間のうちにある神的な霊魂の肉体の牢獄からの解放である-ソクラテスの最期のときという設定で行われた「魂の不死」についての対話。『国家』へと続くプラトン中期の代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序曲
  • 2 死に対するソクラテスの態度
  • 3 霊魂不滅の証明
  • 4 神話-死後の裁きとあの世の物語
  • 5 終曲-ソクラテスの死

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序曲(五七A一‐五九C七)
  • 2 死に対するソクラテスの態度(五九C八‐七〇C三)(ソクラテスの夢-ムーシケーをせよ(五九C八‐六一C一)
  • 自殺禁止論-人間は神々の所有物である(六一C二‐六三E七)
  • 哲学者は死を恐れない。死とは魂と肉体との分離であり、哲学者は魂そのものになること、すなわち、死ぬことの練習をしている者であるのだから(六三E八‐六九E五) ほか)
  • 3 霊魂不滅の証明(七〇C四‐一〇七B一〇)(生成の循環的構造による証明。生から死へ、死から生へ(七〇C四‐七二E二)
  • 想起説による証明。イデアの認識は想起である。故に、人は誕生以前にイデアを見ていたのでなければならない(七二E三‐七七A五)
  • さらに強力な証明へのケベスの要求(七七A六‐七八B三) ほか)
  • 4 神話-死後の裁きとあの世の物語(一〇七C一‐一一五A八)
  • 5 終曲-ソクラテスの死(一一五B一‐一一八A一七)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パイドン
著作者等 Plato
岩田 靖夫
菊池 慧一郎
PLATO
プラトン
書名ヨミ パイドン : タマシイ ノ フシ ニ ツイテ
書名別名 Φαιδων

魂の不死について
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.2
ページ数 213, 8p
大きさ 15cm
ISBN 4003360222
NCID BA34568737
BN09181012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98083309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想