劇場版エヴァンゲリオン補完文書

アポカリプス21研究会 著

劇場版エヴァは、こうなるはずだった!?TV版最終二話で破綻したストーリーを完全補完したエヴァファン待望の書。企画されていた内容と残された謎、そして徹底的に検証されたシミュレーションで結末を断定-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 『新世記エヴァンゲリオン』企画書(謎のまま終焉を迎えたストーリー
  • 何のためにエヴァシリーズの完成が急がされたのか
  • ゼーレの目的は変更されたのか ほか)
  • エヴァンゲリオンに残された謎(なぜゲンドウは正体不明の移動物体が使徒とわかったのか
  • なぜ使徒は第3新東京市だけをねらうのか
  • 使徒の砲撃と自爆はなぜ光の十字架をともなうのか ほか)
  • エピローグ 劇場版エヴァ・シミュレーション(エヴァシリーズの役割は人類全滅だった!?
  • ゼーレは永遠の生命を欲していた!?
  • セカンドインパクトがゲンドウを変えた!? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 劇場版エヴァンゲリオン補完文書
著作者等 アポカリプス21研究会
書名ヨミ ゲキジョウバン エヴァンゲリオン ホカン ブンショ
書名別名 Gekijoban evangerion hokan bunsho
出版元 青谷舎
刊行年月 1997.10
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 4915822303
NCID BA34562275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99041743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想