女性と宗教

総合女性史研究会 編

時代が転換したり、世相が混乱するとき、宗教が大きく姿を現す。宗教が人びとの生に規範を与える構造のなかで、女性はどのように位置づけられたのか、それに対し女性たちは何を求め、どう宗教と向き合っていたのか。本書は、現代社会にも時としてその姿を見せつける女性と宗教の関わりを、論理的に追究するための手掛かりとなる諸論文を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宗教史の中の女性
  • 2 救済の論理
  • 3 女性の信仰と実践
  • 4 宗教思想と女性観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性と宗教
著作者等 児島 恭子
塩見 美奈子
総合女性史研究会
書名ヨミ ジョセイ ト シュウキョウ
書名別名 Josei to shukyo
シリーズ名 日本女性史論集 5
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.2
ページ数 384p
大きさ 22cm
ISBN 4642013555
NCID BA34399673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98084552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想