ペストのフランス史

モニク・リュスネ 著 ; 宮崎揚弘, 工藤則光 訳

くりかえし襲いかかるペストを人びとはどのように克服したか?中世から現代にいたるペスト史を多角的な視野のもとにえがく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 集合意識のなかにあるペスト
  • 第1部 黒死病(忘れられていた災禍
  • 起源
  • 原因となる天空と大地 ほか)
  • 第2部 ペストとともに生きる(災禍の常在化と反復
  • 同じ原因で…
  • …同じ結果 ほか)
  • 第3部 啓蒙の世紀のペスト(1720年のマルセイユ
  • ペスト患者
  • 惨劇の結果 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ペストのフランス史
著作者等 Lucenet, Monique
宮崎 揚弘
工藤 則光
Lecent Monique
リュスネ モニク
書名ヨミ ペスト ノ フランスシ
書名別名 Les grandes pestes en France
出版元 同文舘
刊行年月 1998.1
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4495863614
NCID BA34337097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想