性と身体の近世史

倉地克直 著

都市と農村、日常と非日常などといった近世の二元的な世界に立ち現われる身体。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 性と身体を問うこと
  • 第1章 緒巻と箕-狂言に見る男と女
  • 第2章 "汝、姦淫するなかれ"-キリシタン文献に見る男と女
  • 第3章 笑われる女たち-近世初頭の性をめぐる意識
  • 第4章 世之介をめぐる女たち-都市における性の諸相
  • 第5章 色道の虚実-『難波鉦』に見る遊女の生活と意見
  • 第6章 『ひとりね』の色恋-近世「恋愛」論の位相
  • 第7章 性の文化
  • 第8章 男女和合のゆくえ-生活思想における性意識
  • 第9章 自然と人間 からだとこころ
  • 第10章 三浦命助の「離陸」-民衆の「近代」に向って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と身体の近世史
著作者等 倉地 克直
書名ヨミ セイ ト カラダ ノ キンセイシ
書名別名 Sei to karada no kinseishi
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1998.1
ページ数 254, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4130201158
NCID BA34261406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98089728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想