記号学の基礎理論

ジョン・ディーリー 著 ; 大熊昭信 訳

記号学とは何か・その新しい展開を概説し、文化や社会あるいは有機的自然や無機的自然のレベルで作動しているさまざまな「記号過程」を相互に連関させる包括的な原則の構築を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学的記号学と記号の学理
  • 2 記号学-方法か観点か
  • 3 記号過程-記号学研究の課題
  • 4 記号-記号過程の媒体
  • 5 動物記号学と人類記号学
  • 6 物理記号過程と植物記号過程
  • 7 記号学の理論の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記号学の基礎理論
著作者等 Deely, John N
大熊 昭信
Deely John
ディーリー ジョン
書名ヨミ キゴウガク ノ キソ リロン
書名別名 Basics of semiotics
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 584
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.1
ページ数 239, 26, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4588005847
NCID BA34230694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98085436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想