日本の酒造り唄

宮内仁 著

酒造り唄はタイマーだ。酒蔵の蔵人たちは、酒造り唄で全員がリモートコントロールされながら働いていた。『酒造り唄』を整理して、ここで出来るだけ判り易く解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • A 日本の酒造り
  • B 灘の酒造り唄
  • C 広島の酒造り唄
  • D 越後の酒造り唄
  • E 東北地方の酒造り唄
  • F他地方の酒造り唄
  • G 酒造りの仕上げ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の酒造り唄
著作者等 宮内 仁
書名ヨミ ニホン ノ サケズクリウタ
出版元 近代文芸社
刊行年月 1997.7
ページ数 191p
大きさ 22cm
ISBN 4773358556
NCID BA34174764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98022067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想