OLたちの<レジスタンス> : サラリーマンとOLのパワーゲーム

小笠原祐子 著

先進諸国の中で職場の女性の地位が日本ほど低い国はないと指摘されている。しかし、男性が女性一般職に対し奇妙に遠慮がちなのに対し、女性が男性をからかったり仕事の優先順位を勝手につけるなどして抵抗しうるのはなぜか。弱者の立場を逆手にとって男性の競争を傍観者として楽しむ戦略は伝統的性別役割の再生産につながるのではないか。ゴシップ、バレンタインデー等細部を通し武器としてのジェンダーとその落とし穴を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 OLという存在
  • 第1章 「女の敵は女」のウソ
  • 第2章 ゴシップ
  • 第3章 バレンタインデー
  • 第4章 OLの抵抗の行為
  • 第5章 男のストラテジー
  • 終章 ジェンダーの落とし穴(gender trap)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 OLたちの<レジスタンス> : サラリーマンとOLのパワーゲーム
著作者等 小笠原 祐子
書名ヨミ OLタチ ノ レジスタンス : サラリーマン ト OL ノ パワー ゲーム
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.1
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4121014014
NCID BA34159137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98083251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想