大政奉還 : 徳川慶喜の二〇〇〇日

童門冬二 著

将軍後見職として幕末の激動期に政治の表舞台に登場してから2000日。将軍徳川慶喜は武家支配を覆す「大政奉還案」奏上を決意した。幕府と朝廷の二重の権力基盤に立ち、組織と理念に引き裂かれた最後の将軍の政治闘争とその葛藤をダイナミックに描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大政奉還 : 徳川慶喜の二〇〇〇日
著作者等 童門 冬二
書名ヨミ タイセイ ホウカン : トクガワ ヨシノブ ノ ニセンニチ
書名別名 Taisei hokan
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.11
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 414080341X
NCID BA34145201
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99094495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想