植物のたどってきた道

西田治文 著

地球環境の危機を救う、植物多様性の進化の物語。化石に記された、巧みな生殖戦略、動物との共生など、植物進化の大潮流を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 被子植物は裸子植物の一部にすぎない
  • 第2章 植物は淡水から上陸した
  • 第3章 4億5000万年前の植物大爆発
  • 第4章 地球最初の森-葉と高さを得た維管束植物
  • 第5章 種子植物の誕生-茎のような葉をもつ前裸子植物
  • 第6章 地上の覇者となったシダ植物
  • 第7章 裸子植物天下を取る
  • 第8章 裸子植物にも花と果実があった-植物化石の宝庫 北海道のフィールドワークから
  • 第9章 "花の時代"の幕開け
  • エピローグ マダガスカルの草原から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植物のたどってきた道
著作者等 西田 治文
書名ヨミ ショクブツ ノ タドッテキタ ミチ
書名別名 Shokubutsu no tadottekita michi
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1998.1
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4140018194
NCID BA34133880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99018968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想