ヒトとミミズの生活誌

中村方子 著

四億年以上地球上に生きつづけてきたミミズとヒトはどんな係わりをもってきたのだろうか。その考察のうえに、今日の環境破壊のありさまに警鐘を打ち鳴らす。ミミズが生態系にいかに重要な生物であるか再認識を迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地球の生命とミミズ
  • ヒトとミミズ(ミミズの認識と変遷
  • 生命としてのヒトとミミズ)
  • 世界のミミズを求めて(ミミズの分類
  • ミミズと人間活動 ほか)
  • 地球の生態系とミミズの役割(ミミズの薬用成分と有毒成分
  • ミミズの分化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトとミミズの生活誌
著作者等 中村 方子
書名ヨミ ヒト ト ミミズ ノ セイカツシ
書名別名 Hito to mimizu no seikatsushi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 31
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.2
ページ数 178p
大きさ 19cm
ISBN 4642054316
NCID BA34132990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想