講座日本の民俗学  2

赤田光男 ほか編

民俗社会における身体はどのように文化化・社会化されており、どのような意味づけを行ってきたか。また、そこにはどのような心性が宿っていたかという新しい視点で構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 身体と心性の民俗
  • 2 差異と差別の民俗
  • 3 危機と変化の民俗
  • 4 記憶のなかの民俗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座日本の民俗学
著作者等 小松 和彦
赤田 光男
香月 洋一郎
福田 アジオ
野本 寛一
書名ヨミ コウザ ニホン ノ ミンゾクガク
書名別名 身体と心性の民俗

Koza nihon no minzokugaku
巻冊次 2
出版元 雄山閣
刊行年月 1998.1
ページ数 243p
大きさ 22cm
ISBN 4639015046
NCID BA3412402X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98077408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想