蒋介石 : マクロヒストリー史観から読む蒋介石日記

黄仁宇 著 ; 北村稔, 永井英美, 細井和彦 訳

抗日戦や内戦の指揮から諸外国との交渉、武器・弾薬の調達や土嚢用の麻袋の手配まで、一切合切を背負っていた蒋介石とはどんな人物だったのか?本人の日記を多数引用するほか、周囲の人々の証言、書簡や電報を含む豊富な史料を駆使して、蒋介石の新たな一面を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 黄埔建軍、北伐、清党
  • 第2編 安内と攘外
  • 第3編 鯨呑を畏れず蚕食を怕れる
  • 第4編 「四強の中の一国」及びその負担
  • 第5編 長い革命の後に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蒋介石 : マクロヒストリー史観から読む蒋介石日記
著作者等 北村 稔
永井 英美
細井 和彦
黄 仁宇
書名ヨミ ショウ カイセキ : マクロヒストリー シカン カラ ヨム ショウカイセキ ニッキ
出版元 東方書店
刊行年月 1997.12
ページ数 463p
大きさ 22cm
ISBN 4497975347
NCID BA34108599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想