経済対立は誰が起こすのか : 国際経済学の正しい使い方

野口旭 著

本書では、経済摩擦、貿易不均衡問題などに関して、巷に流布されているこうした皮相かつ浅薄な見解を徹底的に批判し、このような問題への経済学的に正しい捉え方とは何かを示す。と同時に、世界的な市場化と情報化という流れの中での、日本の旧来的官僚主導システムの持つ弊害を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 トンデモ国際経済論を超えて
  • 第1章 攻撃的対日通商政策をめぐる聖と俗
  • 第2章 国際収支の良い見方と悪い見方
  • 第3章 貿易の本当の意義とは何か
  • 第4章 国際弱肉強食主義の幻想
  • 第5章 日本の何が問題なのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済対立は誰が起こすのか : 国際経済学の正しい使い方
著作者等 野口 旭
書名ヨミ ケイザイ タイリツ ワ ダレ ガ オコスノカ : コクサイ ケイザイガク ノ タダシイ ツカイカタ
書名別名 Keizai tairitsu wa dare ga okosunoka
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.1
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4480057412
NCID BA34070496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98073010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想