恥と意地 : 日本人の心理構造

鑪幹八郎 著

日本人の心のありよう、人と人との関係にはどんな特徴があるのだろうか。自分の存在の全体に関わる「恥」の感覚、その防衛(回復)としての「意地」のメカニズムに新たな光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 恥の感覚について(恥の感覚の普遍性
  • これまでの恥研究
  • 恥の誕生と成長)
  • 第2部 意地について(意地と私たちの日常
  • こだわりと怒りの意地
  • 名誉を重んじる意地
  • 名誉を回復するための意地
  • 自尊心の傷つきから来る意地)
  • 第3部 わが国における心のかたち(アモルファスな自我構造の形成
  • わが国における対人関係の美学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恥と意地 : 日本人の心理構造
著作者等 鑪 幹八郎
書名ヨミ ハジ ト イジ : ニホンジン ノ シンリ コウゾウ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1998.1
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 4061493876
NCID BA34068676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想