プラトン序説

エリック・A.ハヴロック 著 ; 村岡晋一 訳

本書は、声から文字へのメディアの変化がプラトン哲学を生んだとする画期的著作である。いま進行している活字から電子メディアへの変化ははたしてどのような哲学を生むだろうか?本書は21世紀を考えるヒントに満ちている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 イメージで考える人びと(プラトンの詩論
  • ミメーシス
  • 保存されたコミュニケーションとしての詩 ほか)
  • 第2部 プラトン思想の必然性(プシュケー、あるいは、認識する者の認識されるものからの分離
  • 認識されるものの客観としての認知
  • 臆見としての詩 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトン序説
著作者等 Havelock, Eric Alfred
村岡 晋一
Havelock Eric A.
ハヴロック エリック・A.
書名ヨミ プラトン ジョセツ
書名別名 Preface to Plato

Puraton josetsu
出版元 新書館
刊行年月 1997.12
ページ数 389p
大きさ 22cm
ISBN 4403120016
NCID BA34055299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想