生成文法

田窪行則 ほか著

本書は、生成文法の立場から、言語の科学的研究を概説したもので、言語学と生成文法についてのある程度の知識を前提として書かれている。

「BOOKデータベース」より

Chomskyに始まる生成文法は言語についての考え方を大きく変革し、現在でも言語研究の一大潮流をなしている。生成文法では言語をどのようにとらえ、何をめざしているのか。人間の言語機能についての基本的な考え方を解説し、文法理論の発展を初期の標準理論から最新の極小モデルまでわかりやすく紹介する。生成文法入門の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生成文法-目標と理念(生成文法理論の目標
  • 言語とは何か
  • 文法と説明の理論 ほか)
  • 2 第1次認知革命(なぜChomsky理論は「認知革命」か
  • ことばの特質
  • ことばの知識の仕組み ほか)
  • 3 第2次認知革命(移動現象
  • 格理論
  • Xバー理論 ほか)
  • 4 極小モデルの展開-言語の説明理論をめざして(理論的背景
  • 極小モデルの基本的発想と考え方
  • 極小モデルにおけるUGの構成 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生成文法:目標と理念(生成文法理論の目標
  • 言語とは何か
  • 文法と説明の理論
  • 経験科学と理想化)
  • 2 第1次認知革命(なぜChomsky理論は「認知革命」か
  • ことばの特質
  • ことばの知識の仕組み
  • 初期の変形規則
  • 規則の一般的特性と認知操作 ほか)
  • 3 第2次認知革命(移動現象
  • 格理論
  • Xバー理論
  • 束縛理論
  • 空範疇原理 ほか)
  • 4 極小モデルの展開-言語の説明理論をめざして(理論的背景
  • 極小モデルの基本的発想と考え方
  • 極小モデルにおけるUGの構成
  • 経済性原理
  • 言語の科学は可能か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生成文法
著作者等 Fukui, Naoki
中島 平三
外池 滋生
田窪 行則
稲田 俊明
福井 直樹
書名ヨミ セイセイ ブンポウ
シリーズ名 岩波講座言語の科学 6
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.1
ページ数 234p
大きさ 23cm
ISBN 4000108565
NCID BA34049875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想