企業集団支配とコーポレート・ガバナンス

坂本恒夫, 佐久間信夫 編 ; 企業集団研究会 著

経営システムの日本的特質の象徴的存在、企業集団を中心にコーポレート・ガバナンスの現状を様々な角度から検討し、目指すところ経営理念の正当性・市場取引での公正性を追求。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コーポレート・ガバナンス論争の背景とその意義
  • 第2章 企業集団支配とコーポレート・ガバナンス
  • 第3章 株式所有構造の変化とコーポレート・ガバナンス
  • 第4章 経営構造の変化とコーポレート・ガバナンス
  • 第5章 日本の機関投資家とコーポレート・ガバナンス
  • 第6章 配当政策とコーポレート・ガバナンス
  • 第7章 「コーポレート・ガバナンス」論における株式「市場の規律」とその前提-1980年代金融バブルの教訓
  • 第8章 M&Aとコーポレート・ガバナンス
  • 第9章 経営財務の法制度とコーポレート・ガバナンス
  • 第10章 中小企業とコーポレート・ガバナンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業集団支配とコーポレート・ガバナンス
著作者等 企業集団研究会
佐久間 信夫
坂本 恒夫
書名ヨミ キギョウ シュウダン シハイ ト コーポレート ガバナンス
書名別名 Kigyo shudan shihai to koporeto gabanansu
シリーズ名 シリーズ企業集団研究 2
出版元 文眞堂
刊行年月 1998.1
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 4830942851
NCID BA34046469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98081945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想