解明される意識

ダニエル・C.デネット 著 ; 山口泰司 訳

デカルトにはじまる物心二元論の時代は終った。意識の説明は、進化論とコンピュータ・サイエンスのドッキングを通じて、ここに一新する。先端諸科学の成果を背景に、ヘテロ現象学、意識の多元的草稿論、自己および世界についてのヴァーチャル・リアリティー論など、新しい哲学的見取図を提示し、意識の生成・進化・展開の解釈に画期的地平を拓く。認知科学の最新の成果を結集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-いかにして幻覚は可能であるか?
  • 2 意識を説明すること
  • 3 現象学の園探訪
  • 4 現象学に代わる方法
  • 5 多元的草稿対カルテジアン劇場
  • 6 時間と体験
  • 7 意識の進化
  • 8 言葉は私たちにどのように働きかけてくるのか?
  • 9 心のアーキテクチャー
  • 10 「見せる」と「告げる」
  • 11 証人保護プログラムの解除
  • 12 資格を失うクオリア
  • 13 自己の実態
  • 14 想像された意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解明される意識
著作者等 Dennett, Daniel Clement
山口 泰司
Dennett Daniel C.
デネット ダニエル・C.
書名ヨミ カイメイサレル イシキ
書名別名 Consciousness explained

Kaimeisareru ishiki
出版元 青土社
刊行年月 1998.1
ページ数 597, 41p
大きさ 20cm
ISBN 4791755960
NCID BA34031563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99014221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想