土地を活かす英知と政策 : 日・英・独・中の歴史と現状

犬塚昭治 ほか著

本書では大土地所有・大経営のイギリス、中土地所有・中経営のドイツ、それに長期的には国内農業の確保と食料増産が重要な課題になっている社会主義国・中国とをとりあげて、土地問題にどう対処したかを探っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代日本の土地政策-なにを変えなければならないのか
  • 第2章 資本家的借地経営の土地問題とその後-イギリス
  • 第3章 土地利用の理念と現実-ドイツ
  • 第4章 市場経済化に向けた土地利用システムの模索-中国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土地を活かす英知と政策 : 日・英・独・中の歴史と現状
著作者等 中林 吉幸
柘植 徳雄
犬塚 昭治
菅沼 圭輔
書名ヨミ トチ オ イカス エイチ ト セイサク : ニチ エイ ドク チュウ ノ レキシ ト ゲンジョウ
シリーズ名 全集世界の食料世界の農村 4
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1998.1
ページ数 291, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4540970453
NCID BA34029266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想