土佐自由民権を読む : 全盛期の機関紙と民衆運動

松岡僖一 著

「私立国会論」を掲げて高知全県下に海南協同会・海南自由党を組織した立志社・民権派の全機関紙、交互に停刊・解除をくりかえす『高知新聞』『土陽新聞』『高知自由新聞』『江南雑誌』(のち『土佐新聞』と改題)と、あわせて帝政派系『高陽新報』『弥生新聞』を読みぬき、民衆運動としての土佐民権運動の全容と盛衰を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海南協同会
  • 第2章 海南自由党
  • 第3章 民権派の運動
  • 第4章 帝政派との軋轢
  • 第5章 運動の衰退

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土佐自由民権を読む : 全盛期の機関紙と民衆運動
著作者等 松岡 僖一
書名ヨミ トサ ジユウ ミンケン オ ヨム : ゼンセイキ ノ キカンシ ト ミンシュウ ウンドウ
出版元 青木書店
刊行年月 1997.12
ページ数 283p
大きさ 22cm
ISBN 4250970485
NCID BA34025811
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98069838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想