一般利潤率の傾向的低下の法則

平石修 著

[目次]

  • 第1章 問題の提起者の理論-ミハエル・フォン・ツガン‐バラノウスキーの理論
  • 第2章 基本理論の設定者の理論-置塩信雄氏の理論
  • 第3章 部門間の不均等発展による批判者の理論-松石勝彦氏の理論
  • 第4章 特別剰余価値の取得と消失による批判者の理論-松尾純氏の理論
  • 第5章 多部門分析による批判者の理論-松橋透氏の理論
  • 第6章 固定資本の導入による批判者の理論-富塚良三氏の理論
  • 第7章 結合生産の導入による批判者の理論-ネリ・サルヴァドリ氏の理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一般利潤率の傾向的低下の法則
著作者等 平石 修
書名ヨミ イッパン リジュンリツ ノ ケイコウテキ テイカ ノ ホウソク
シリーズ名 資本論 6
札幌学院大学選書 6
出版元 北海道大学図書刊行会
刊行年月 1997.12
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 483295881X
NCID BA34024433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想