日本近代女性文学論 : 闇を拓く

渡邊澄子 著

自我実現を求めて。個を生きることを否定されてきた女たちが、制度の桎梏から這い出て社会を家を男たちを眺め、その関わりのなかで自己の生をみつめた「いのち」の表現。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代女性文学
  • 清水紫琴の世界-閉塞を破る
  • 樋口一葉の世界-新たな飛躍
  • 与謝野晶子の世界-破格の生涯
  • 『青鞜』と「新しい女」-人間の女へ
  • 宮本百合子-はばたきへの離婚
  • 野上弥生子-「エリツト」願望
  • 田村俊子-『女声』が見せるその晩年
  • 平林たい子-意力のありか
  • 佐多稲子-戦争、思想の間隙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代女性文学論 : 闇を拓く
著作者等 渡辺 澄子
書名ヨミ ニホン キンダイ ジョセイ ブンガクロン : ヤミ オ ヒラク
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1998.2
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 4790706885
NCID BA34021151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想