カフカ寓話集

カフカ 著 ; 池内紀 編訳

「カフカ伝説」といったものがある。世の名声を願わず、常に謙虚で、死が近づいたとき友人に作品一切の焼却を依頼したカフカ-。だが、くわしく生涯をみていくと、べつの肖像が浮かんでくる。一見、謙虚な人物とつかずはなれず、いずれ自分の時代がくると、固く心に期していたもの書きであって、いわば野心家カフカである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カフカ寓話集
著作者等 Kafka, Franz
池内 紀
カフカ
書名ヨミ カフカ グウワシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.1
ページ数 243p
大きさ 15cm
ISBN 4003243846
NCID BA3400757X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98073016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある学会報告 カフカ
こうのとり カフカ
だだっ子 カフカ
ちいさな女 カフカ
よくある事故 カフカ
アブラハム カフカ
アレクサンドロス大王 カフカ
サンチョ・パンサをめぐる真実 カフカ
ジャッカルとアラビア人 カフカ
ポセイドン カフカ
メシアの到来 カフカ
ロビンソン・クルーソー カフカ
一枚の古文書 カフカ
中庭の門 カフカ
使者 カフカ
兄弟殺し カフカ
十一人の息子 カフカ
小さな寓話 カフカ
巣穴 カフカ
掟の問題 カフカ
断食芸人 カフカ
新しい弁護士 カフカ
最初の悩み カフカ
カフカ
歌姫ヨゼフィーネ、あるいは二十日鼠族 カフカ
カフカ
皇帝の使者 カフカ
カフカ
走り過ぎる者たち カフカ
隣人 カフカ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想