マックス・ウェーバーの科学論 : ディルタイからウェーバーへの精神史的考察

向井守 著

精神科学の認識論的基礎づけを意図したディルタイの『精神科学序説=歴史的理性批判』は、ジンメルやリッカートを経て、ウェーバーにいたる一大思想的論争を巻き起こした。この論争は、自然科学を認識論的に基礎づけたカントの『純粋理性批判』に始まり、フィヒテやシェリングを経て、ヘーゲルにいたる哲学革命に比すべき思想的内容をそなえている。本書は、ディルタイに始まる一連の認識論の発展を精神史的にたどり、その集大成ともいうべきウェーバーの科学論を思想的に位置づけ、そしてその展開過程と体系的構想を解明しようとするものである。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 マックス・ウェーバーの科学論の特質
  • 第1章 ディルタイとジンメル
  • 第2章 ディルタイの「記述的分析的心理学」とその反響
  • 第3章 若きウェーバーとリッカート
  • 第4章 ロッシャーの歴史的方法と流出論理
  • 第5章 社会科学的認識の「客観性」
  • 第6章 「解明」のカテゴリーの登場と展開
  • 終章 価値解釈と客観的可能性の判断

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 マックス・ウェーバーの科学論の特質 / p1
  • 第一章 ディルタイとジンメル / p21
  • 第一節 ディルタイとニーチェ / p21
  • 第二節 方法論争 / p27
  • 第三節 ディルタイの『精神科学序説』 / p34
  • 第四節 ジンメルの『歴史哲学の諸問題』と社会学 / p49
  • 第二章 ディルタイの「記述的分析的心理学」とその反響 / p77
  • 第一節 ディルタイの「記述的分析的心理学についての理念」 / p77
  • 第二節 ヴィンデルバントの「歴史と自然科学」 / p86
  • 第三節 ディルタイの「個性研究への寄与」 / p96
  • 第四節 エビングハウスの批判とディルタイの解釈学への転回 / p112
  • 第三章 若きウェーバーとリッカート / p125
  • 第一節 若きウェーバーの就任講演の方法論的考察 / p125
  • 第二節 リッカートの科学論 / p148
  • 第四章 ロッシャーの歴史的方法と流出論理 / p183
  • 第一節 メンガーとリッカート / p183
  • 第二節 ロッシャーの流出論理 / p190
  • 第五章 社会科学的認識の「客観性」 / p205
  • 第一節 価値自由 / p205
  • 第二節 価値関係 / p227
  • 第三節 理想型 / p242
  • 第四節 客観性 / p262
  • 第六章 「解明」のカテゴリーの登場と展開 / p283
  • 第一節 精神科学の認識論をめぐる思想的状況 / p283
  • 第二節 『クニース論文』の叙述の仕方と問題提起 / p291
  • 第三節 「文化意義」の論理的解体とヴント批判 / p297
  • 第四節 「解明」のカテゴリーの登場とミュンスターベルク批判 / p305
  • 第五節 ジンメルとゴットルとリップスとクローチェとの対決 / p320
  • 第六節 社会科学的「解明的」認識の「妥当性」 / p341
  • 第七節 「合理的解明」と「自由」 / p353
  • 終章 価値解釈と客観的可能性の判断 / p375
  • 第一節 マイヤー批判 / p375
  • 第二節 価値解釈 / p380
  • 第三節 客観的可能性の判断 / p388
  • 第四節 適合的因果連関と偶然的因果連関 / p403
  • あとがき / p417
  • 凡例 / p11
  • 参考文献 / p5
  • 人名索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マックス・ウェーバーの科学論 : ディルタイからウェーバーへの精神史的考察
著作者等 向井 守
書名ヨミ マックス ウェーバー ノ カガクロン : ディルタイ カラ ウェーバー エ ノ セイシンシテキ コウサツ
書名別名 Makkusu ueba no kagakuron
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1997.12
ページ数 418, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4623028313
NCID BA34004833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98076930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想