免疫染色・in situハイブリダイゼーション

野地澄晴 編

本書は、興味ある遺伝子の発現部位を決定するために、組織切片またはホールマウントでそのmRNAを検出するためのin situハイブリダイゼーション法、および興味あるタンパク質や糖鎖の局在を決定するために、組織切片またはホールマウントで抗体を用いて検出するための免疫染色法に関するプロトコール集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 方法の原理と概略
  • 2 分子生物学的基礎技術
  • 3 形態学的基礎技術
  • 4 組織切片用in situハイブリダイゼーション法の実際(キットを用いた練習)
  • 5 ホールマウントin situハイブリダイゼーション法の実際
  • 6 免疫染色法
  • 7 プレゼンテーション用画像処理法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫染色・in situハイブリダイゼーション
著作者等 野地 澄晴
書名ヨミ メンエキ センショク in situ ハイブリダイゼーション
書名別名 Men'eki senshoku in situ haiburidaizeshon
シリーズ名 ザ・プロトコールシリーズ
別冊実験医学
出版元 羊土社
刊行年月 1997.12
ページ数 117p
大きさ 29cm
ISBN 4897069521
NCID BA33937532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98067200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想