抗菌剤の科学  pt.2

西野敦 編著 ; 冨岡敏一, 荒川正澄 著

本書は、抗菌剤、抗カビ剤、抗菌グッズがなぜ好評なのか?その世界的な市場背景、需要動向を解説し、無機・有機・天然抗菌剤・抗カビ剤の種類とその特徴、文化財の保存の観点での抗菌・抗カビ剤の種類とその役割の概要、銀系抗菌剤の位置づけ、そして光触媒など新しい抗菌剤の開発の可能性を概説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国際化に伴う抗菌剤の市場動向
  • 第2章 抗菌剤が必要となる社会背景
  • 第3章 抗菌とその評価法
  • 第4章 代表的な抗菌剤の種類とその特徴
  • 第5章 代表的な防カビ剤の種類とその特徴
  • 第6章 抗菌剤・抗カビ剤のさまざまな応用例
  • 第7章 抗菌剤の周辺機器、システム、今後の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 抗菌剤の科学
著作者等 冨岡 敏一
荒川 正澄
西野 敦
書名ヨミ コウキンザイ ノ カガク
書名別名 Kokinzai no kagaku
シリーズ名 K books series 129
巻冊次 pt.2
出版元 工業調査会
刊行年月 1997.11
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 476937058X
NCID BA33899160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98073129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想