ローマ : イメージの中の「永遠の都」

長尾重武 著

古代ローマ帝国の首都、カトリックの中心都市、近代イタリアの首都…歴代の最高権力が莫大な富を注ぎ込んで幾重にもつくりあげた、真に贅沢な都市、ローマ。「永遠の都」に展開された壮大な建築やモニュメントは、今なお私たちを魅了してやまない。イタリア建築史の第一人者が、古代から現代までのローマの都市史・建築史のエッセンスを、絵画や写真、そして『ローマの休日』をはじめとするさまざまな映像を引きつつ紹介し、その奥深い魅力を余すところなく描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『ローマの休日』を歩く
  • 2 古代の栄光
  • 3 キリスト教の都
  • 4 『建築家の腹』を読む
  • 5 広場と街路
  • 6 イタリアの首都
  • 7 永遠の都

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ : イメージの中の「永遠の都」
著作者等 長尾 重武
書名ヨミ ローマ : イメージ ノ ナカ ノ エイエン ノ ミヤコ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.12
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4480057382
NCID BA33855008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98063841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想