アフリカ経済

末原達郎 編

1980年代以降、サハラ以南アフリカは市場経済型の社会へと急速に転換しつつある。このシステム転換をもたらしているIMFと世銀による構造調整政策とその問題点を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アフリカ経済をどうとらえるか
  • 第1章 東アフリカ経済の構造と課題
  • 第2章 タンザニア経済
  • 第3章 タンザニアの構造調整
  • 第4章 西アフリカ諸国の経済
  • 第5章 ガーナ
  • 第6章 コンゴ民主共和国(旧ザイール)-経済危機の歴史的構造
  • 第7章 UDEAC諸国-カメルーン、チャド、中央アフリカ、ガボン、コンゴ共和国、赤道ギニア
  • 第8章 南部アフリカ経済
  • 第9章 ナミビア経済とその変化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフリカ経済
著作者等 大林 稔
末原 達郎
武内 進一
池上 甲一
辻村 英之
高根 務
書名ヨミ アフリカ ケイザイ
書名別名 Afurika keizai
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1998.1
ページ数 226p
大きさ 19cm
ISBN 4790706923
NCID BA33850999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想