ステロイドホルモン

武森重樹 著

本書は、動物ホルモンの中で最もなじみの深いステロイドホルモンに焦点を絞った。ステロイドホルモンの生合成、生理作用、作用発現機構をまとめた三位一体であるところが特徴。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ステロイドホルモンはどのように作用するか
  • 第2章 ステロイドホルモン合成のシグナル伝達のしくみ
  • 第3章 ステロイドホルモン生合成のしくみ
  • 第4章 ステロイドホルモン合成P450の遺伝子はどのように発現されるか
  • 第5章 ステロイドホルモン合成に障害を起こす遺伝病
  • 第6章 ステロイドホルモンによる生理作用の発現のしくみ
  • 第7章 ビタミンDの合成と作用のしくみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ステロイドホルモン
著作者等 武森 重樹
小野寺 一清
水上 茂樹
軽部 征夫
大島 泰郎
書名ヨミ ステロイド ホルモン
書名別名 Suteroido horumon
シリーズ名 未来の生物科学シリーズ 39
出版元 共立
刊行年月 1998.1
ページ数 124p
大きさ 19cm
ISBN 4320054792
NCID BA33846980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98067080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想