贋作ドン・キホーテ

岩根圀和 著

遍歴の騎士が風車を怪物と見誤り、従士サンチョ・パンサが必死にとめるのもきかず、槍をかまえて突進していく-セルバンテス作『ドン・キホーテ』の有名な場面である。作品は発表当初から大評判となり、気を良くしたセルバンテスは後篇を出版すべく執筆に励んでいたのだが、そこへ非常に手の込んだつくりの贋作が現れた。偽物を読まされた作者の反応は、そして贋作者の真意とその正体は。黄金期スペイン文学史を彩る贋作騒動の顛末記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不死身のドン・キホーテ(第一の門出
  • 第二の門出、風車の冒険 ほか)
  • 第2章 贋作『ドン・キホーテ』(贋作の出現
  • どこで印刷されたのか ほか)
  • 第3章 『ドン・キホーテ』の序言論争(なぜ贋作を書いたのか
  • ローペ・デ・ベガの芝居 ほか)
  • 第4章 ドン・キホーテの歩いた道(ロシナンテの歩く距離
  • 「名は思い出したくない村」の所在 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 贋作ドン・キホーテ
著作者等 岩根 圀和
書名ヨミ ガンサク ドン キホーテ : ラ マンチャ ノ オトコ ノ ニセモノ ソウドウ
書名別名 ラ・マンチャの男の偽者騒動

Gansaku don kihote
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1997.12
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4121013956
NCID BA33791084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想