心理学概説

松田隆夫 編

本書は人間の心と行動を科学的に理解すめために、幅広い知識が得られ、かつ洞察力が養われるよう配慮された基礎教育のための教科書である。内容はオーソドックスな枠組みの中に新しい視点を交えながら、わかりやすく解説されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間理解への接近-心理学の課題と方法
  • 環境を認知する心の接点-感覚系とその機能
  • 環境を認知する知覚の機能
  • 情報を処理する心のしくみ
  • 児童期までの心の働きと行動の発達
  • 青年期の心の働きと行動の発達
  • 中高年期の心の働きと行動の推移
  • 行動の形成と変容-学習を支える行動法則
  • 知識とスキルの学習
  • 記憶の過程と知識の蓄積〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学概説
著作者等 松田 隆夫
八木 保樹
土田 宣明
星野 裕司
柴田 直峰
福原 浩之
藤 健一
書名ヨミ シンリガク ガイセツ : ココロ ト コウドウ ノ リカイ
書名別名 心と行動の理解
出版元 培風館
刊行年月 1997.12
ページ数 199p
大きさ 26cm
ISBN 456305612X
NCID BA33788873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想