盗聴立法批判 : おびやかされる市民の自由

小田中聰樹 ほか著

本書は、盗聴の立法化が緊迫しつつある状況に鑑み、盗聴立法に対して総括的な批判を表明するものである。一般市民を念頭に置いた第一部および第四部と、法律学者や実務家を念頭に置いた第二部および第三部という、大きく二本の柱で構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 盗聴をめぐる立法と理論の動き-本書解題
  • 第1部 盗聴立法と市民の自由
  • 第2部 憲法と盗聴
  • 第3部 盗聴立法の理論批判
  • 第4部 「対談」組織的犯罪対策立法をどう考えるか(小田中聡樹
  • 飯室勝彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盗聴立法批判 : おびやかされる市民の自由
著作者等 小田中 聡樹
川崎 英明
白取 祐司
村井 敏邦
書名ヨミ トウチョウ リッポウ ヒハン : オビヤカサレル シミン ノ ジユウ
出版元 日本評論社
刊行年月 1997.12
ページ数 262p
大きさ 21cm
ISBN 4535511217
NCID BA33778701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98063037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想