バフチンを読む

阿部軍治 編著

20世紀ロシア激動の時代に不遇の生涯を送ったバフチン。ドストエフスキー論やラブレー論における「ポリフォニー論」「ダイアローグ論」「カーニバル論」など、きわめて独創的で特異な思想と理論が世界の文学、思想に与えた影響は計り知れない。言語主義者バフチンは、人間の存在自体が他者との対話関係をもつという。その意味するところは何か。文学、思想、言語学の7人の俊英が総力をあげて、バフチンの世界を捉え直し、クリステヴァをはじめ欧米や日本での受容状況を跡づけて、今日の知的閉塞状況を拓く可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 なぜミハイル・バフチンなのか
  • 1 バフチンのポリフォニー小説論
  • 2 カーニバル的言語と小説-ラブレー、ルソー、ドストエフスキー
  • 3 教養小説のクロノトポス-ゲーテをめぐるバフチンの時空論
  • 4 バフチンとフロイト
  • 5 バフチンの言語観
  • 6 バフチンはいかに受け入れられたか-英米仏日の「カーニバル論」の展開を中心に
  • 7 ディスクールの思想家バフチンによる他者論
  • 8 ミハイル・バフチンの生涯と創作

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バフチンを読む
著作者等 阿部 軍治
書名ヨミ バフチン オ ヨム
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.12
ページ数 301p
大きさ 19cm
ISBN 4140018186
NCID BA3377178X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99009094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想