新しい医療とは何か

永田勝太郎 著

ターミナルケア、ストレス病、副作用…従来の治療方法では対処できない問題の堆積を前に、これからの医療は何を目指すべきか-。現代医学(近代的西洋医学)の適応と限界を認識したうえで、伝統的東洋医学や心身医学の考え方をも取り入れ、患者個々の"生命(いのち)の質"の向上を図る「全人的医療」を著者らは提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病気の三期と現代医学のピットフォール
  • 第2章 未病を治す-機能的病態へのアプローチ
  • 第3章 瀉法と補法
  • 第4章 医師の態度
  • 第5章 致死的病態のケア
  • 第6章 なぜ新しい医学が必要なのか-ニュー・パラダイムの創造
  • 第7章 「全人的医療」のあらまし
  • 第8章 QOLとは何か
  • 第9章 血による生体防御の知恵
  • 第10章 全人的医療の核としての実存分析(ロゴセラピー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい医療とは何か
著作者等 永田 勝太郎
書名ヨミ アタラシイ イリョウ トワ ナニカ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.12
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4140018178
NCID BA33771779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99009095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想