ヒートアイランド : 灼熱化する巨大都市

齋藤武雄 著

炭酸ガス濃度の上昇による地球温暖化が問題になっているが、私たちにとって、より身近で緊急の問題となるのは都市の温暖化=ヒートアイランド現象である。人口の集中、ビルの高層化、車や冷暖房の排熱などによって都市中心部は"熱の島"化しており、このまま進めば、2031年の東京都心部の夏の気温は43.5℃にもなるという。すでにヒートアイランドの影響は、都市部の大気汚染の高まり、湿度の低下、花粉症の増大としても現れている。ヒートアイランドの原因と近未来の状態を探るとともに、快適な都市にするためには私たちに何が必要かを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 温暖化する地球
  • 第2章 都市も温暖化する
  • 第3章 ヒートアイランド-加熱する巨大都市
  • 第4章 ヒートアイランドのシミュレーション-2031年、東京の温暖化を予測する
  • 第5章 快適な都市へ
  • 第6章 地球都市への提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒートアイランド : 灼熱化する巨大都市
著作者等 斎藤 武雄
書名ヨミ ヒート アイランド : シャクネツカスル キョダイ トシ
書名別名 Hito airando
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1997.12
ページ数 205, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4062571994
NCID BA33771688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98067395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想