ヴァイマル共和国初期のドイツ共産党

山田徹 著

[目次]

  • 第1章 諸前提(大衆政党への転成
  • 党組織の概要)
  • 第2章 ドイツ共産党の統一戦線運動の構造-1921年後半から1922年を中心として(労働運動内の統一戦線運動
  • 統一戦線運動における政府構想-「労働者政府」論)
  • 第3章 ルール闘争期のドイツ共産党-統一戦線運動の展開と挫折(危機の進行
  • 1923年夏のドイツ共産党
  • 10月の「蜂起」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァイマル共和国初期のドイツ共産党
著作者等 山田 徹
書名ヨミ ヴァイマル キョウワコク ショキ ノ ドイツ キョウサントウ
書名別名 Vaimaru kyowakoku shoki no doitsu kyosanto
シリーズ名 神奈川大学法学研究所研究叢書 12
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1997.12
ページ数 389, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4275016912
NCID BA33769551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98063335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想