生物は重力が進化させた : 実験で検証された新しい進化の法則

西原克成 著

すべての生物進化を「突然変異」と「自然淘汰」で説明するこれまでの「正統」進化論には無理がある-そう感じる人は多かったに違いない。本書は、脊椎動物に限れば、進化は「重力」を中心とした力学対応で起こり、獲得形質は「遺伝」によらずとも次代に伝わることを明らかにする。このことは、じつに簡単な実験で検証できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「突然変異」と「自然淘汰」で進化は説明できない
  • 第2章 形と器官は重力に対応して進化する
  • 第3章 「遺伝」によらず変化は次代に伝わる
  • 第4章 進化の全体像
  • 第5章 力学対応進化学の医学への応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物は重力が進化させた : 実験で検証された新しい進化の法則
著作者等 西原 克成
書名ヨミ セイブツ ワ ジュウリョク ガ シンカサセタ : ジッケン デ ケンショウサレタ アタラシイ シンカ ノ ホウソク
書名別名 Seibutsu wa juryoku ga shinkasaseta
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1997.12
ページ数 186, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4062571978
NCID BA33762326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98067396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想