情報経済論

福田豊, 須藤修, 早見均 著

情報化の進展は、私たちの生活や社会に多大な影響を与えている。情報をめぐる経済学の最新の理論成果と、情報社会システムの変容を体系的に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 情報社会と情報理論-情報経済論を学ぶための基礎的視点
  • 第1章 情報の経済学的特質-情報をどうとらえるか
  • 第2章 情報の生産と技術-情報生産の特質と企業活動の制約条件
  • 第3章 情報の流通と情報市場-情報財の特質と情報産業
  • 第4章 情報の価格と消費-情報に支払われるコスト
  • 第5章 情報財と情報の蓄積-情報財生産のマクロ的影響
  • 第6章 情報技術と雇用・労働-情報化の与える雇用への影響の計量的分析
  • 第7章 情報と家計-情報化の進展の家計への影響
  • 第8章 情報と企業組織-情報テクノロジーと経済発展
  • 第9章 情報と産業構造-情報技術の産業システムへの影響
  • 第10章 情報とネットワーク組織-新たな産業組織の生成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報経済論
著作者等 早見 均
福田 豊
須藤 修
書名ヨミ ジョウホウ ケイザイロン
シリーズ名 有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 1997.12
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 4641120404
NCID BA3374616X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98069937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想