自分であるとはどんなことか : 完・自己組織システムの倫理学

大庭健 著

若い人たちの「所在なさ」の感覚に照準し、考える。自分らしさとは何か、そのことと社会はどう関連するのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自分らしく生きる
  • 第1章 自分と行為と、社会
  • 第2章 意味と意図、行為の共軛的実現
  • 第3章 わたしの社会的構成
  • 第4章 システムとしてのわたし
  • 第5章 わたしは、他者と直接にはふれあえない
  • 第6章 心システム・社会システムの自己創出
  • 終章 倫理的自閉と、日常の不本意感-総括にかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分であるとはどんなことか : 完・自己組織システムの倫理学
著作者等 大庭 健
書名ヨミ ジブン デ アル トワ ドンナ コト カ : カン ジコ ソシキ システム ノ リンリガク
書名別名 Jibun de aru towa donna koto ka
出版元 勁草書房
刊行年月 1997.12
ページ数 298, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4326153288
NCID BA33716329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98069574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想