岩波講座現代の法  2 (国際社会と法)

岩村正彦 ほか編

[目次]

  • 1 主権国家の増殖と国家主権の相対化(国民国家と国際社会のなりたち
  • 主権的自由の圧縮-国家は絶対か
  • 国際「公領域」の拡張)
  • 2 結合のきずな-その可能性と限界(国際レジームの位置-国際法秩序の一元性と多元性
  • 国際司法の新展開 紛争処理と新しい国際法規の生成-核兵器使用・威嚇の合(違)法性に関する勧告的意見をめぐって
  • 国際法治主義の地平-現代国際関係における国家責任法理の「適用」)
  • 3 市民と国際法(「人間の価値」の実現-国際人権法の意味するもの
  • 国境の無化-難民と不法移民の越境移動
  • 国際安全保障と平和的生存権)
  • 4 国際機構法の未来(「地域統合の法」の構造と特質
  • 国連法体系の展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座現代の法
著作者等 岩村 正彦
松井 芳郎
藤田 久一
書名ヨミ イワナミ コウザ ゲンダイ ノ ホウ
書名別名 国際社会と法
巻冊次 2 (国際社会と法)
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.12
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 4000107623
NCID BA33694339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98065659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想