書の宇宙  11

石川九楊 編

書の、何を縮小したのか。日本語、そして日本文化の基盤となる和様の筆蝕屏風土代、玉泉帖、離洛帖、白氏詩巻、他。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 書の宇宙(書の、何が縮小されたのか
  • 図版+鑑賞のポイント
  • この書を、こう見る!)
  • 東アジアの時空(漢詩と和歌のあいだ)
  • 心と手、心の手、手の心(読人知らずの闇「伝公任」、又は「伝行成」の綾)
  • 筆線の狩人(崩しの「音」)
  • 書と書論(王朝書道と「真行草」の世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書の宇宙
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ ショ ノ ウチュウ
書名別名 受容から変容へ : 三蹟
巻冊次 11
出版元 二玄社
刊行年月 1997.12
ページ数 95p
大きさ 31cm
ISBN 4544022118
NCID BA33688733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想