はじめて読む唐詩  1

田森襄 編著

漢詩は人生の喜怒哀楽を美しく謳いあげたもの-中でも唐詩はその華であり、心に深く響きわたることばの宝庫です。望郷や人生の喜び・悲しみなどを謳いあげる詩の数かずを収めました。本書は、詩の読みくだし文を大きな字で見やすくし、「初唐の四傑」と呼ばれた駱賓王・王勃など十人の作品を紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 従軍行(虞世南)
  • 詔に応じて司花女を嘲る(虞世南)
  • 辻懐(魏徴)
  • 石竹の詠(王績)
  • 薛記室収荘を過ぎて尋ね見る。率に古意を題して以て贈る(王績)
  • 京に在りて故園を思ひ、郷人を見て問ふ(王績)
  • 野望(王績)
  • 夜東渓より還る(王績)
  • 朝に入らんとし、洛堤を月に歩む(上官儀)
  • 梅花落(盧照隣)
  • 長安古意(盧照隣)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめて読む唐詩
著作者等 田森 襄
書名ヨミ ハジメテ ヨム トウシ
書名別名 Hajimete yomu toshi
巻冊次 1
出版元 明治書院
刊行年月 1997.11
ページ数 171p
大きさ 19cm
ISBN 4625540518
NCID BA3368403X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98043385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想