ASEANパワー : アジア太平洋の中核へ

山影進 著

1990年代は、ASEANが大きく変容した時代である。冷戦時代を生き抜いてきたASEANは、一方では拡大と深化をめざし、他方ではアジア太平洋における広域的制度の創設に大きく関わっている。本書は、こうした新しいASEANの姿を描いたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アジア太平洋国際秩序の中核としてのASEAN
  • 第1章 相互不信の克服
  • 第2章 域内経済協力の模索
  • 第3章 インドシナ問題への対処
  • 第4章 ポスト冷戦期への適応
  • 第5章 東南アジアのASEAN文化
  • 第6章 ASEAN協力の深化
  • 第7章 APECへの参画
  • 第8章 APECの変質とASEAN
  • 第9章 広域安全保障とARFプロセス
  • 終章 新世紀ASEANの課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ASEANパワー : アジア太平洋の中核へ
著作者等 山影 進
書名ヨミ ASEAN パワー : アジア タイヘイヨウ ノ チュウカク エ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1997.12
ページ数 332, 24p
大きさ 22cm
ISBN 4130301144
NCID BA3367520X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98069848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想