腹部外傷の臨床

山本修三 編

本書は腹部外傷の治療法の変遷の流れを中心に置き、腹部外傷の基本から高度の専門分野までの理論と実際を解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論(わが国における腹部外傷の歴史的展望)
  • 第2章 総論(腹部外傷の分類
  • 疫学
  • 病態 ほか)
  • 第3章 各論(肝・胆・膵の損傷
  • 脾損傷
  • 消化管損傷 ほか)
  • 第4章 手術手技と記録(手術手技の基本
  • 手術記録の書き方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腹部外傷の臨床
著作者等 山本 修三
書名ヨミ フクブ ガイショウ ノ リンショウ
出版元 へるす
刊行年月 1997.11
ページ数 354p
大きさ 26cm
ISBN 4892692697
NCID BA33670239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想