シオラン

シルヴィー・ジョドー [著] ; 金井裕 訳

歴史と永遠からの形而上的亡命者として既存の思想・神学体系と対決しつづけた異色の表現者-シオランの作品における神秘主義、仏教、歴史、音楽、言語等主要テーマの中核に「グノーシス」の思想を探り当て、その基本的見取図を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 亡命者あるいは時間への失墜(歴史と永遠からの亡命者
  • 歴史あるいは終末への熱狂
  • 形而上的亡命者-グノーシス者
  • 言葉への亡命者
  • 懐疑論あるいは世世界への疎遠性)
  • 第2部 神秘と知恵あるいは時間からの失墜(否定神学
  • 認識の源泉としての眩暈
  • 仏教と覚醒
  • 音楽あるいは見出された楽園)
  • 第3部 作家の逆説あるいは再び見出された時(実存の誘惑-軽薄擁護
  • 脱眩惑化のために書く-不毛性の規律)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シオラン
著作者等 Jaudeau, Sylvie
金井 裕
ジョドー シルヴィー
書名ヨミ シオラン : アルイワ サイゴ ノ ニンゲン
書名別名 Cioran

あるいは最後の人間
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 593
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.12
ページ数 202p
大きさ 20cm
ISBN 4588005936
NCID BA33632488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98085439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想