失語症からみたことばの神経科学

高倉 公明;宮本 忠雄【監修】;高橋 徹;設楽 信行;清水 輝夫【編】

本書は、失語症の臨床研究の最新の知見のみならず、失語現象の理解に欠かせない言語機能の成り立ちについての研究の最新の知見も盛り込んで編んだもので、「ことばの神経科学」のひろがりに応じて、執筆した方々の研究の領域もそれぞれ多方面にわたっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生命の灯ふたたび
  • 1 失語理解の基本とその変遷
  • 2 失語からみたことばの脳内機構
  • 3 脳機能イメージングと言語機能
  • 4 局在性病変と失語症
  • 5 記憶と言語の障害
  • 6 読み書きの脳内機構
  • 7 ことばと失行
  • 8 高次視覚機能障害とことばの理解
  • 9 言語発達と失語症
  • 10 言語をめぐるトピックス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失語症からみたことばの神経科学
著作者等 清水 輝夫
設楽 信行
高橋 徹
宮本 忠雄
高倉 公明
書名ヨミ シツゴショウ カラ ミタ コトバ ノ シンケイ カガク
シリーズ名 Brain and neuroscience / 高倉公朋, 宮本忠雄 監修 ; 高橋徹, 設楽信行, 清水輝夫 編 第7巻
最新脳と神経科学シリーズ 第7巻
出版元 メジカルビュー社 : グロビュー社
刊行年月 1997.12
ページ数 188p
大きさ 26cm
ISBN 4895535991
NCID BA33580205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想