プログラムとしての老い

日高敏隆 著

遺伝子がしかけた「悪だくみ」とは?動物行動学の第一人者が解き明かす、「老い」の正体。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人はなぜ老いるのか
  • 2 「自己ペット化」した人間
  • 3 何のために生きるのか
  • 4 遺伝子のプログラムとは?
  • 5 「育つ」「育てる」プログラム
  • 6 「選択」と「学習」
  • 7 性は何のためにあるのか
  • 8 男と女
  • 9 「老い」へのたくらみ
  • 10 人生は人さまざま-『年齢の本』
  • 11 五十代からの「老い」-『年齢の本』(その2)
  • 12 人生とはシナリオを演ずること
  • 13 死はそれほど大げさなことではない
  • 14 「ミーム」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プログラムとしての老い
著作者等 日高 敏隆
書名ヨミ プログラム ト シテノ オイ
書名別名 Puroguramu to shiteno oi
出版元 講談社
刊行年月 1997.11
ページ数 192p
大きさ 20cm
ISBN 4062085704
NCID BA3351306X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98054019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想