時間と社会理論

バーバラ・アダム 著 ; 伊藤誓, 磯山甚一 訳

物理学、生物学、テクノロジーの最新の知見にもとづく時間理論を導入しつつ自然科学と人文科学を横断する新たな時間論を提唱し、錯綜する社会的時間の多次元性を解明する。91年度英国社会学協会フィリップ・エイブラムズ記念賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会理論における時間-宿命、必然、謎
  • 第2章 運動の尺度からエントロピーへ
  • 第3章 リズム性-生命と形式の源泉
  • 第4章 人間的時間の研究
  • 第5章 産業時間と権力
  • 第6章 時間の超越
  • 第7章 時間論の出発点-社会理論のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間と社会理論
著作者等 Adam, Barbara
伊藤 誓
磯山 甚一
アダム バーバラ
書名ヨミ ジカン ト シャカイ リロン
書名別名 Time and social theory

Jikan to shakai riron
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 587
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.12
ページ数 285, 45p
大きさ 20cm
ISBN 4588005871
NCID BA33389437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98069720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想